今年こそは乾燥しないためにもとっておきたい栄養素

今年こそは乾燥しないためにもとっておきたい栄養素ミネラル

もう冬はすぐそこまで来てますね>_<冬場になると肌も乾燥しがち。

 

 

今年こそは乾燥しないためにもとっておきたい栄養素があるんです!人体が必要とする無機質の一つ「ミネラル」です!亜鉛は体内では僅かしか存在しないミネラルですが、お肌、髪の毛、爪といった細胞の生まれ変わりの早いところで必要とされる重要なものなのです。冬の旬である牡蠣にはもちろん、牛肉、レバー、たまご、チーズにも亜鉛は含まれている量が多いのでぜひご家庭の食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか??妊娠してからは悪阻であまり食べる事ができませんでした。

 

そのため栄養も不足していたからか、ひどい肌荒れが続くようになってしまいました。おまけに乱れたホルモンの影響からか普段使っていた化粧品も合わなくて痒くなりました。一時的ではありますが化粧水をアレルギー用の刺激の少ないものに変えると少し落ち着きました。
シミができやすいと聞いていたので化粧水と同じく日焼け止めも低刺激な子供の肌でも使えるものに変えて、これ以上肌を痛めるわけにはいかないので日焼けしないように気を使っていました。今年も冬の足音が聞こえてきましたね。

 

 

 

季節がめぐるのは早いですねぇ。

 

寒さを感じ始めると手先や顔の皮膚もカサつき始めて気になりますよね。

 

 

今シーズンの乾燥肌を確実に防ぐために様々な栄養素の中でも「亜鉛」の摂取はマストです!亜鉛は人体に欠かせないミネラルの1種でありお肌や髪の毛、爪などの健康を維持するのにとっても重要なんですよ^^亜鉛を摂取するなら牡蠣やレバーがお勧めですが、食べられないという方は牛肉、たまご、チーズにも多く含まれていますのでこの機会に普段の食事に取り入れてはいかがでしょうか?日頃のスキンケアとして気を付けていることは、保湿に他なりません。

 

お風呂の後には1番に化粧水をたっぷりと顔にパッティングして吸収させます。
それから化粧水の後は必ず美容成分が入っている乳液を使って、しっかり保湿しています。

 

 

 

ヘチマ水、これを私は長らく使用してきました。
コスパが実に良い商品なので、贅沢に使うことができます。

 

 

顔から、首筋から胸元まではたきかけます。

 

 

ずっとこの方法でスキンケアしてきましたが、肌トラブルとは無縁です。
普段は乾燥で悩むことがない方でも気になりますよね。
寒くなり、ヒートテック系の肌着を着るようになると肌が乾燥しやすくなります。発熱素材の製品は肌の水分を吸収することで発熱するため、普段乾燥肌ではない私も、相当な乾燥肌になります。

 

発熱系素材の肌着等を使用していて、乾燥肌が心配な人はこれのせいかもしれません。

 

 

 

外出前・帰宅後にはクリームなどで乾燥対策を万全にしましょう。

 

 

 

年齢に比例して増えるシミにシワ、締まりなくたるんだ肌にくすみがちな肌色等々スキンケアの悩みは増える一方でどんな対処をすればいいのかわからなくなってしまいます。

 

こうした様々な肌トラブルに対応する基礎化粧品も色々とあるので、悩みが消えるならとついつい沢山買ってしまいますよね。

 

それならば異なる効果を持つ化粧品をいくつも使用して手間を掛けるより、まずは1つの悩みに特化したケアを行うことで高い効果と満足度を得られるのではないか、と思います。
真っ先に自分が最も気にしている部分を無かったことのようにするために集中的に、私はスキンケアを続けています。妊娠してすぐ、敏感肌になりこれまでの化粧品などが合わなくなりました。着ている服で体中がチクチクして痒くなってしまったり、顔もガサガサとして潤いがなくなってしまいました。この時、これ以上肌に負荷をかけたくなかったので無添加の化粧品を使うこと決めました。体の痒みはというと、出産後には全く出なくなりました。

 

ただし顔や肌の乾燥は依然として残ったままでした。

 

出産を終えるとわずかに残った体力も時間も育児に奪われていき、これまでのようにじっくりと肌をケアする時間も取れないため、オールインワンタイプのジェルを使って時短で肌ケアをするようになりました。

 

30代も後半を過ぎると目元のシワや口元のほうれい線など気になりますよね。

 

 

肌トラブルが老化に伴うものであればスキンケア化粧品をエイジングケア専用のものにすることで、肌に現れる老いのスピードを落とすことができます。ですが、20代などから早めに対策しようとして、スキンケア化粧品をエイジングケア専用のものに変えても、必要以上に養分を与えてしまい寧ろ肌の状態が悪くなってしまいます。

 

 

ですから、若いうちから使えばいい!ということではなく、年齢に見合ったものを使用してスキンケアしていく事が正しいエイジングケアになる事を忘れずに、毎日お肌のお手入れをしていきましょう。これまで化粧落としはオイルを使用してきました。オイルなら落ちにくいメイク汚れもスルッと落とすものだと考えていたからです。

 

思惑とは裏腹に、乾燥肌の私の場合にはオイルが必要以上に皮脂を奪っていると知り、洗浄力は若干落ちますが肌に負担の少ないクレンジングジェルを選ぶことにしました。

 

その結果、お肌に適度な皮脂が残るようになったからか顔が突っ張るということはなくなりました。しっかり保湿をしても乾燥肌で悩んでいる人は洗顔料を変えてみるのもいいかもしれません。
吹き出物は、Tゾーンなどの比較的皮脂の分泌が多い場所にできやすいものというイメージが一般的です。

 

 

実際、ニキビは顔だけでなく背中にもできることをご存知でしょうか。背中にできたニキビは、自分ではなかなか見づらいので、悪化してから痛みや腫れで気づくことが多いようです。
背中はシャンプーやリンスの洗い流し忘れが汚れが落ちにくい場所です。

 

 

 

体を洗う際には背中もしっかりと洗うようにして背中のニキビに注意しましょう。